女将のぶ代。
b0036360_144019.gif揚げ物が食べたい。どうしても食べたい。

そう思った私たちは、今までに一度も入ったことの無い定食屋さんの戸を開けましたよ。
ガラガラガラ。

そこは女将の声がモロにのぶ代だったので大変感銘を受けました。
メニューがこれまたご立派で、揚げ物は勢ぞろいしているしカレーにラーメンもあるのにウドンソバまでなんでもござった。さてはのぶ代か?グルメのテーブル掛けか?
と、我々はウワサしました。

そして僕はカツライスを、磯君はコロッケ定食をいただくのです。
『大きくてビックリしちゃうでしょう。』とコロッケ定食を運ぶ得意気なのぶ代。
そしてお会計の際に缶コーシーをくれたのぶ代。

また、のぶ代にゆきたい。
[PR]
by nobeata | 2005-06-26 01:03 | ドラえもん