YD2さんの歌の発表会 in ゴスペル。
b0036360_0415489.jpgと、いうわけで行って参りました、YD2番さん(=てむこさん)の登場される歌の会に、ゴスペルの会に。

会場は、僕が生まれ育った吉祥寺の隣街、三鷹。
場内に入ると、てむこさんが受付を兼務されていた。やあ、久方ぶり。

滞りなく受け付けを済ませて入場、イソーさんと共に、てむ母さん&叔母さんと、てむ彼さんにご挨拶をします。ところでてむ彼さん(後に無類のお漬物好きと判明)は、ケミストリーさんの生き写しのようだったよ。ドレくらい似ていらっしゃるかと言うと、街で偶然見掛けたら『あ!ケミストリーさんだ!』と勝手に激写し、ブログにて『ケミストリーを見たよ。』と公開して大満足して終わるくらいだ。

さあ!ゴスペル会の始まりです。
(遠方の客席にて、あのつっちまんさん(=YD1さん)を発見。ウワサの恋人さんを連れられて。ふたりともお元気そうだ。)

前半は先生方、後半はてむこさんたち生徒さんの歌声ですよ。
それぞれに赴きが違ったけれど、それぞれに良かった!
日ごろの悲しみや寂しさを、このときばかりは忘れらるる。
来て良かった!すごく良かった!
半年に一度の開催には、これからも逐一参加したい。

前列真ん中の一番善いポジッションで活躍されたてむこさん、みなのキャメラを構える手にも、自然と力が入ります。僕もイソーさんも、ケミさんも。

~★

ゴスペル会のあとは、てむ家の会食に僭越ながらお邪魔です。
しかし残念ながら、つっちまんチームがここで涙のお別れ。寂しいっ。
恋人さんにも『お酒は好きですか…。』とか聞きたかったのだが…。
次回はぜひ、ご一緒できたらヨイなぁと思っています。

場所を渋谷に移して宴が始まります。
土曜に渋谷に6人でスンナリ入れたのにも感激。奇跡を見た。
お料理に関して思ったのは、つきだしがアナゴのスシ[sushi of anago]って豪華じゃない!?ということと、大根おろしの鍋おいしかった、ということか。

そして個人的に特筆すべきは、てむさんの叔母チャン(from 関西)と大変意気投合したこと。
『気が合いそう。』と言われてすごくうれしい。
『ふたり(僕とイソーさん)はどっちがおもしろいの。』
こんな質問初めていただいてしまった!うれしくなって2度も握手をしたよ。
そして勧められるままに赤きワインをいただいた。

『今日は来て良かった。』
何度もそういう叔母チャンを、イヌコロ(忠犬)のところへ、僕ひとりで連れ去るシィン’もあった。
また、お会いできるだろうか…。


本当にステキな会でした。
そしててむ母さん(若々しい)、ご馳走様でした。
ポッと出の僕にもすごく良くしてくださり、すごく感激。

みなさまにお礼を申し上げたいと思います。
ありがとう、ありがとう。
[PR]
by nobeata | 2006-01-28 23:40 | イヴェンツ